【終了】北海道で古民家鑑定士実技講習を行います。

当実技講習会は終了しました。

image004北海道にて古民家鑑定士実技講習を行います。平成25年5月1日にリニューアルされたインスペクションと家歴書を盛り込んだ古民家鑑定書に対応した実技講習を開催致します。
地域に残る古民家にて講師からのアドバイスを受けながら実際に鑑定体験していただきます。

青山家は、安政6年(1859)山形県から渡道し、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営した漁家です。建網経営には番屋をはじめ網倉、船倉のほか海産干場、船入澗など多くの施設、設備を必要としました。鰊漁場の建物がこのように集約的に保存されているところは少なく、貴重な遺構の一つです。

鑑定の経験を積み、スキルアップを目指される方は是非ご参加ください。

会場・集合場所 北海道開拓の村内「旧青山家漁家住宅」
(札幌市厚別区厚別町小野幌50番地1)
開催日 平成26年5月31日(土) 13時10分~16時(13時から受付)
講習費 1名 5,000円
※会員の方は無料でご参加頂けます。
※別途、開拓の村入場料 830円がかかります
会員に関してはこちらをご覧下さい。
持参物 筆記用具・デジカメ・メジャー・懐中電灯・方眼紙・バインダー
お申し込み 実技講習お申し込み書をダウンロードいただきお申し込み下さい。
お問い合わせ先 一般社団法人北海道古民家再生協会  (TEL : 011-643-2078)