Q&A

Q1 試験の開催日程は?

古民家鑑定士資格認定試験スケジュールをご覧ください。 

東京・大阪・愛知・福岡では毎月のペースで開催しており、他県でも2ヶ月~3ヶ月に1回のペースで開催しております。

会場が決まり次第、随時スケジュールを掲載しますので、お住まいの地域に関係なく、ご都合の良い会場をお選びください。

 

Q2 合格率は?

建築や不動産に携わっている方、もしくは同等の知識をお持ちの方は、約8割の方が1級・2級(伝統)・2級(在来)に合格されております。

古民家に興味をお持ちの方や、趣味で取得される場合は、事前にテキストを購入され、2ヶ月程度勉強されてからの受験をお勧めしております。(古民家解体新書Ⅱを購入する

 

Q3 出題範囲や試験の内容は?

試験問題は、二者択一式で全60問となっております。出題範囲は、公式テキスト【古民家解體新書Ⅱ】内より出題されます。

内容は大きく分けて、総論20問・伝統構法20問・在来工法20問で構成されております。

 

Q4 テキストはどこで購入可能ですか?

公式テキスト【古民家解體新書Ⅱ】のご注文は、「古民家解體新書Ⅱ 注文書」から購入可能です。こちらの注文書をFAXでお送りください。

 

Q5 テキストは試験持ち込み可能ですか?

試験へのテキスト持ち込みは可能です。ただし、持ち込み可能なものは公式テキスト「古民家解體新書Ⅱ」のみです。
また、付箋の貼り付け、ラインマーカー等の書き込みがされたものでも持ち込み可能です。

 

Q6 国家資格ですか?

国家資格ではありませんが、財団法人職業技能振興会】認定の資格です。

 

Q7 受験資格はありますか?

古民家鑑定士認定講習・試験は、20歳以上であればどなたでも受験いただけます。

 

Q8 資格はいつからあるんですか?

2009年に創設されました。

 

Q9 住所変更をしたい場合はどうすれば良いですか?

お問合せフォームより、住所変更の旨と変更後の住所をお知らせください。受付後、変更処理を進めさせていただきます。

 

Q10 願書送付の際、願書等に折り目をつけても大丈夫でしょうか。

はい。問題ありません。

 

Q11 認定証を紛失しました。再発行は出来るでしょうか。

はい。必要な手続きを行っていただくことで、認定証の再発行いたします。
再発行については「古民家鑑定士 認定証の再発行」をご覧ください。