古民家鑑定士とは

古民家鑑定士

 

田舎暮らしや中古住宅が注目されている昨今。ますます活躍の場が広がる資格、それが古民家鑑定士です。

 

古民家鑑定士って?

古民家鑑定書古民家鑑定士とは、一般財団法人職業技能振興会により、古民家の評価をすることを目的に創設された資格です。

古民家鑑定士は、築50年以上の日本の住宅で使われていた伝統的な構法(伝統構法)並びに在来構法を理解し、そこに使用される伝統的な資材に精通し、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えなければいけません。

その為には、解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていくことが大事です。

ユーザーに解りやすく伝え、古民家を調査し、古民家鑑定書を発行する業務を担います。

 

どんなことをするの?

1.古民家の調査・判定・提案

残すべく築50年以上の伝統構法の古民家並びに在来構法の木造住宅を実際に鑑定し、耐久性や希少性、文化的な住環境の保存などの総合的な判断基準に基づき古民家鑑定書を発行し、このような築50年以上経った古民家に対して新たな価値の創造をおこない、ユーザーに提案していくことを業とする。

2.古民家再生、活用の促進・流通経路の構築

築50年以上の木造住宅の移築や再生事業で再活用可能な住文化をユーザーへ提案すると共に、築50年以上木造住宅の流通経路を構築し、適正価格での古民家や伝統資財の流通システムを伝統資財施工士と協力し構築していくことを業とする。

3.古民家の社会的認知の促進

古民家が長期耐用住宅であることをユーザーへ伝え、可能な限り残していけるように社会的認知の促進を図り、合わせて伝統資財を活用した住宅、店舗の設計、施工などの提案をおこなっていく事を業とする。

 

受験するには?

1.受講・受験願書ダウンロード

下記リンクより、受講・受験願書をダウンロードし、印刷してください。

古民家鑑定士認定講習・試験願書古民家鑑定士 受講・受験願書

 

2.受講・受験願書の記載

1枚目と2枚目に記載されている「受講・受験要項」をお読み下さい。

3枚目の「受験願書」をご確認いただき、記入例を参考に記載して下さい。

受験対策講習・認定試験会場を下記スケジュールより選択し、記載して下さい。

※試験のみの方は「講習」部分は空白で構いません

講習・試験スケジュール

古民家鑑定士認定講習スケジュール 古民家鑑定士認定試験スケジュール

 

3.受講・受験料のお支払い

受講・受験料をお支払いいただき、振込明細のコピーを「受講・受験料払込の証明」(4枚目)に全面のりづけし、貼り付けて下さい。

※インターネットからお支払いされた方はスクリーンショット画像(画面コピー)を貼り付けて下さい。

※テキスト(消費税・送料込6,780円)は講習・試験までにご購入いただき、必ず会場へご持参下さい。
 テキストをお持ちでない方は6枚目の「古民家解體新書Ⅱ 注文書」よりご注文ください。

 

4.受講・受験願書の送付

受講・受験願書の記入漏れが無いことを確認し、受験願書と受講・受験料払込の証明(3枚目と4枚目)を郵送します。

※受験願書受付は、講習日(もしくは試験日)の一週間前までです。

書類送付先・お問い合わせ先
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-6 パレ・ジュノ3階
一般財団法人職業技能振興会
TEL:03-3353-9181
FAX:03-3353-9182

 

5.受験票到着~受講・受験

受講・受験願書の郵送後、1週間程度で受験票が郵送されます。

受講・受験当日は、受験票を必ずお持ち下さい。

※1週間経過後も受験票が郵送されない場合はお手数ですが一般財団法人職業技能振興会までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先
一般財団法人職業技能振興会
TEL 03-3353-9181
FAX 03-3353-9182

※ 再受験の方はこちらの再受験申し込み手順をご覧下さい。建築士資格をお持ちの方は、古民家鑑定士の上級資格「伝統資財施工士」と同時受講・受験可能です。