CPD制度

古民家鑑定士講習はCPD制度に認定されており、3単位取得できます。

認定講習はCPD認定プログラム一覧ページで、プロバイダー名に『一般社団法人住まい教育推進協会』と入力し、検索条件有効ボタンを押して検索実行するとご覧いただけます。

CPD認定プログラム一覧ページ


会場が変更になる場合もございます。
最終的な日程・会場は必ず古民家鑑定士認定講習スケジュールでご確認下さい。

建築CPD制度とは

「建築士法 第22条」に基づいて、平成14年建築士会会員の知識、技術、に関する研鑽と倫理観の醸成のために創設され、平成21年1月5日施行の改正建築士法第22条の4の規定によりすべての建築士に対する研修を行うことが建築士会に義務付けられたことを受け意欲的な会員の支持を得て運営されている建築士の自己啓発、知識の習得度合いを知る重要な手だてとして活用されている制度です。
CPDの実績データの行政機関での活用が、地方の建築工事での入札などで広まっており、その重要性は更に近年高まっています。

建築士の方、建築施工技師の方は取得できます。
※CPDについての詳細はお近くの建築士会並びに建築士事務所協会などにお聞き下さい。